※表示画像は掲載記事と関連性がない場合があります。
  • 今日の躓き石 口に出せない「シッター」 情けない「うんち屋」…
    2020/11/22 20:31:05 https://toyourday.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-c9fdaf.html 古代史の散歩道 など
    2020/11/22 今回の題材は、どこの誰がいつという話では。世間全般の「情けない」風潮です。 つまり、「シッター」と言う、とても人前では口に出せない言葉です。つまり、このカタカナを日本人が発音する…
    オススメ!
  • 今日の躓き石 巨人軍の汚名 「リベンジ」の返り討ち 毎日新聞…
    2020/11/22 17:07:00 https://toyourday.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-394aba.html 古代史の散歩道 など
    2020/11/22 本稿の批判の直接の的は、毎日新聞大阪朝刊第13版スポーツ面の日本シリーズ戦評の署名記事ですが、前日の民放テレビの中継画面でも、右上に長々と座っていたので、これは、ジャイアンツがプ…
    オススメ!
  • 古事記・日本書紀のなかの史実 (25)〜神生み? 呪的遁走(…
    2020/11/20 20:43:23 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-379.html 日本古代史つれづれブログ
     さてイザナギは、追いかけてくるヨモツシコメ達から、必死になって逃げます。”イザナギは蔓草(つるくさ)を輪にして頭に載せていたものを投げ捨てた。すると葡萄の実がなり、ヨモツシコメがそれを食べ…
    オススメ!
  • 新・私の本棚 季刊「邪馬台国」第12号 「邪馬台国の里程」 …
    2020/11/18 22:16:53 https://toyourday.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/12-3-3-4a24.html 古代史の散歩道 など
    2018/09/18 追記2020/11/18*余里の使命 倭人伝道里の主行程で見られる千「余」里が、千里に届かない端数を丸めたのであり、プラスもマイナスもあるとすれば、端数累積を免れます。また、千里…
  • 志貴山 朝護孫子寺
    2020/11/17 17:42:56 https://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/2864e12aa44836cfdc1cfb9c6bf3d9fe… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    10月末でしたが、朝護孫子寺の近くのホテルで泊まりました。 2人で33000円のところgo to travel で22000円となりました。 ガラケーだったのでポイントはもらえないというお話でしたが、…
  • 倭人伝随想 6 倭人への道はるか 海を行かない話 2/4 改
    2020/11/15 22:03:34 https://toyourday.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-5908.html 古代史の散歩道 など
    2018/12/05 2018/12/07 2019/01/29 追記2020/11/15*新唐書地理志 入四夷之路 承前 そして、具体的経路と里数です。*營州入安東道 營州西北百里曰松陘嶺,其西奚,…
  • 古事記・日本書紀のなかの史実 (24)〜神生み? 黄泉の国
    2020/11/13 20:20:07 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-378.html 日本古代史つれづれブログ
    イザナミは、火の神カグツチを生んだ傷がもとで死んで、黄泉(よみ)の国へと行ってしまいます。イザナギはイザナミを取り戻そうと黄泉国へ赴きます。”黄泉に着いたイザナギは、戸越しにイザナミに「あなたと一緒に…
  • 新・私の本棚 歴史読本臨時増刊 「渡来人は何をもたらしたか」…
    2020/11/12 23:15:38 https://toyourday.cocolog-nifty.com/blog/2020/11/post-a40069.html 古代史の散歩道 など
    石井 謙治 古代の船と航海の歴史 新人物往来社 1994年9月刊 私の見立て ★★★★★?当記事に限定 瑕瑾ある卓見 2020/11/12□はじめに 本書は、新人物往来社が、斯界先賢の寄稿、ないしは、…
  • 馬見公園 ダリア園
    2020/11/12 17:31:27 https://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/e93ca827f8b0e4e35638e6e8589f4216… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    10月末に馬見公園に行き、志貴山の朝護孫子寺に行ってきました。 コロナも今ほどひどくなく、母とゆっくり歩いてきました。 馬見公園のダリア園です。きれいでした。 巣山古墳まで足を延ばし、登ってきました。…
  • 古事記・日本書紀のなかの史実 (23)〜神生み? カグツチか…
    2020/11/07 10:06:45 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-377.html 日本古代史つれづれブログ
    前回は、カグツチを斬り殺した十拳剣剣に付着した血からまた神々が生まれたという話まででした。a.十拳剣の先端からの血が岩石に落ちて生成された神々・石拆神(イハサクノカミ)・根拆神(ネサクノカミ)・石筒之…
  • 古事記・日本書紀のなかの史実 (22)〜神生み? イザナミの…
    2020/10/31 11:15:14 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-376.html 日本古代史つれづれブログ
    イザナギ・イザナミによる神生みの話は、トヨウケビメまできました。イザナミは、火の神カグツチ(ヒノヤギハヤヲ)を生んだことにより、亡くなってしまいます。つまり、黄泉の国へと行ってしまったということです。…
  • 奈良漫遊 2
    2020/10/28 21:41:10 https://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/6c52a4eee8163e4055b0ffc97420cb4b… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    維摩経です。 いつも中国人で満席だった天ぷらやでご飯を食べました。 がらがらで注文しやすかったです。 奈良は今がおすすめかも・・・
  • 古事記・日本書紀のなかの史実 (21)〜神生み? トヨウケビ…
    2020/10/24 10:05:57 https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-375.html 日本古代史つれづれブログ
    ワクムスヒが生んだ神が豊宇気毘売神(トヨウケビメ)です。この神はきわめて重要な神であるとともに、よくわからない神でもあります。Wikipediaをみてみましょう。”豊受大神宮(伊勢神宮外宮)に奉祀され…
  • 奈良漫遊
    2020/10/22 18:34:45 https://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/7e6f99c363622efebb32de78ed220bd0… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    6月と8月に奈良に行っているので写真をアップ。 観光客も戻ってきておりました。 小鹿がいました。 中国人がいない奈良でしたが、早く外国からの旅行者を受け入れられたらいいですね。 コロナが心配なので京都…
  • 五十猛神
    2020/10/21 20:51:44 https://ameblo.jp/makoto-kodama/entry-12631860273.html 邪馬台国探訪
    佐賀県諸富町新北神社と御神木の飛竜木(ビャクシン) 初、五十猛神、天降之時、多將樹種而下、然不殖韓地、盡以持歸。遂始自筑紫凡大八洲国之?、莫不播殖而成?山焉。所以、稱五十猛命、爲有功之神。…
    オススメ!
  • 「ジェイン・エア」 映画
    2020/10/17 12:08:07 https://blog.goo.ne.jp/hiro40334033/e/b04905dd765e745f8b5f85f9351c8f57… ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記
    「ジェイン・エア」の映画をアマゾンでみました。 シャーロッテ ブロンテの本からです。 この本を発表した当時は女性からの結婚の申し込みや自立した女性などの姿に多くの反響を呼んだそうです。 当時はタブーだ…
  • 草薙剣
    2020/10/16 21:50:01 https://ameblo.jp/makoto-kodama/entry-12631027214.html 邪馬台国探訪
    天照大御神の三種の神器 八咫鏡 八尺瓊勾玉 草薙剣(Wikipediaより引用)因みに八咫鏡は伊都国の平原王墓から出土した内行花文鏡のようである。 時、彼處有呑人大蛇。素戔鳴尊、乃以天蠅斫之劒、斬彼大…
  • 素戔嗚尊は本当に朝鮮半島に渡ったのか?
    2020/10/13 21:42:19 https://ameblo.jp/makoto-kodama/entry-12630691154.html 邪馬台国探訪
    徐福が書いたとされる古代文字のレプリカ「徐市過此(ソブルクァチャ)」と書いてあるらしい。  是時、素戔鳴尊、帥其子五十猛神、降到於新羅国、居曾尸茂梨之處。乃興言曰「此地、吾不欲居…
  • 千座置戸の刑罰
    2020/10/10 21:49:43 https://ameblo.jp/makoto-kodama/entry-12630509190.html 邪馬台国探訪
    『古事記』本文には次のような須佐之男命に関する記載があります。 於是 八百萬?共議而於速須佐之男命負千位置戸亦切鬚及手足爪令拔而 (読み方)是ここに八百万の神、共に議はかりて、速須佐之男命すさのをのみ…