※表示画像は掲載記事と関連性がない場合があります。
  • 万葉短歌3792 死なばこそ3528
    2020/11/28 06:00:00 https://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/f303f614d108998aecbd4a3c160f2bce?fm=rs… 万葉短歌-悠山人編
    2020-1128-man3792万葉短歌3792 死なばこそ35282020-1128-man3792万葉短歌3792 死なばこそ3528死なばこそ 相見ずあらめ 生きてあらば白髪子らに 生ひずあら…
  • 万葉短歌3790 あしひきの3527
    2020/11/27 06:00:00 https://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/ba1e05a3691304757d7418e4971bdec2?fm=rs… 万葉短歌-悠山人編
    2020-1127-man3790万葉短歌3790 あしひきの3527あしひきの 玉縵の子 今日のごといづれの隈を 見つつ来にけむ ○3527 万葉短歌3790 ShuH351 2020-1127-m…
  • 万葉短歌3789 あしひきの3526
    2020/11/26 06:00:00 https://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/ab261743f51dd404db012e693f499343?fm=rs… 万葉短歌-悠山人編
    2020-1126-man3789万葉短歌3789 あしひきの3526あしひきの 山縵の子 今日行くと我れに告げせば 帰り来ましを ○3526 万葉短歌3789 ShuH351 2020-1126-m…
  • 万葉短歌3788 耳成の3525
    2020/11/25 06:00:00 https://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/8ec59ca4e1d26c9d7a37bdd8787bf813?fm=rs… 万葉短歌-悠山人編
    2020-1125-man3788万葉短歌3788 耳成の3525耳成の 池し恨めし 我妹子が来つつ潜かば 水は涸れなむ ○3525 万葉短歌3788 ShuH351 2020-1125-man378…
  • 万葉短歌3787 妹が名に3524
    2020/11/24 06:00:00 https://blog.goo.ne.jp/yjm840/e/dc60f34957fb577ef5baa6eab9e5b053?fm=rs… 万葉短歌-悠山人編
    2020-1124-man3787万葉短歌3787 妹が名に3524妹が名に 懸けたる桜 花咲かば常にや恋ひむ いや年のはに ○3524 万葉短歌3787 ShuH338 2020-1124-man3…
  • 杜鵑草の花一輪
    2020/11/17 16:20:44 http://kototoi765.blog.fc2.com/blog-entry-874.html なんて素敵にジャパネスク問わずがたり
    逸る気持ちを抑えながら、三条のお邸の東の対へと続く渡殿を足早に歩いていたぼくは、ふと足を止め、その場に立ち止まった。視線の少し先、東の対の立派な建物をぐるりと取り囲む簀子縁の辺りに、青々と生い茂る前栽…