[更新:2020/11/24 20:30]
1位
患者の星と呼ばれるまで・・・
重度の脳出血で後遺症を負い、寝たきりとなった夫が2年後、在宅療養でリハビリをした結果、歩行訓練が出来るようにまでなった奇跡の記録です。2017年10月19日下咽頭癌の診断を受ける

最新記事2020/11/24 18:07 2018年2月10日(2020/11/24)2018年2月9日(2020/11/24)2018年2月8日(2020/11/24)2018年2月7日(2020/11/23)2018年2月6日(2020/11/23)

2224264
-
- - -
2位
50代はゆっくり暮らすのだ!後遺症なんて
2018年8月 小脳梗塞になりました。体幹失調の後遺症で、予想外の50代の始まりです。

最新記事2020/11/23 13:06 今の所、大丈夫!だろうと思う脳ばかり心配してたのに心臓とは小脳梗塞2年2ヶ月の記録しみじみと思うこと血圧と訳あり塾の関係

64563
-位
心優(みゆ)脳脊髄液減少症と闘いの日々
2007年に玉突き事故に遭いました。症状が改善せず色々調べて脳脊髄液減少症にたどり着きました。EBP2回目の時に脳脊髄液漏出症の診断を受けました。沢山の病気と闘

最新記事2020/11/15 17:16 ハイブリットセラミック最近の体調今季最後の野球観戦?デート?in岡山県サプライズ?

---
-位
働きざかりの中高年脳卒中闘病記(灯病記)
46歳にして、突然に襲ってきた脳出血という予期せぬ大病。発病後10年経過し、病と闘った闘病記ではなく、自分を導いてくれた灯台だと考え灯病記としました
---
-位
脳卒中に関する悩みを解決するブログ | 脳卒中に関する様々…
脳卒中に関する様々な情報を発信することで、脳卒中患者やその家族の悩みを解決していきます。
---
-位
死亡率99.9%の脳室内出血から後遺症なしで奇跡の回復!
18歳のときに脳動静脈奇形で脳室内出血(脳幹付近)し、意識不明の重体、瞳孔反応なしの危篤状態から、歩行困難や高次脳機能障害を乗り越え、社会復帰するまでの体験談。
---

新着のブロ画

読み込み中...

みんなが作ったアンケート

読み込み中...